確定申告初心者でも簡単に申告書の作成ができる 確定申告総集編

雑記

これまで確定申告書の作成に関して、いくつか個別でまとめた記事を作ってきましたが、今回はその内容を1つの記事にまとめてどの欄になにを記入すればいいのかを説明していきます。

ご自身に当てはまる項目だけでも目を通していただければと思います。

個別でまとめた記事はこちらです。

確定申告の流れを知る

まずは、確定申告の概要とおおまかな流れを知るところから始めましょう。

確定申告は大きくわけて5段階にわけることができます。

  1. 帳簿をつける
  2. 必要な書類を準備する
  3. 確定申告書の作成
  4. 確定申告書の提出
  5. 税金の納付または還付

詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

確定申告初心者はまず流れをつかむところから始めよう!確定申告入門編
確定申告って聞いたことはあるけど、なにをするのかわからない。確定申告をしたことがない、しなければいけないけどやり方がわからない。そんな初心者の方に、確定申告とはどういうものなのか、流れをざっくり紹介します。今回は流...

どんな方が確定申告するのか

確定申告の流れをおおまかに理解したところで次は、あなたが確定申告をしなければならないのか、確定申告をしたほうがお得なのかということを確認しましょう。

確定申告を行うには、申告書が必要になりますので、申告書についても理解しておいてください。

申告書の種類

  1. 申告書A
  2. 申告書B
  3. 分離課税用
  4. 損失申告用

こちらの記事で確認できます。

あなたは確定申告必要?不要?どの申告書を書けばいいかがわかります 確定申告申告書編
自分は確定申告が必要なんだろうか?会社員だから確定申告は関係ないだろう確定申告はしなくちゃいけないけど、どの申告書を書けばいいかわからないそんなあなたに、この記事をぜひ読んでいただきたい。今回の記事では、確定申告をしなけれ...

総所得金額の計算 ステップ1

いよいよ申告書を作成していきます。

申告書の作成ははじめに、総所得金額を計算していくことになります。

所得の種類は10種類あり、所得によって計算方法が異なってきますので、ご自身の所得がどの所得に当てはまるのかを見て計算の仕方を知っておきましょう。

所得10種類

  1. 利子所得
  2. 配当所得
  3. 不動産所得
  4. 事業所得
  5. 給与所得
  6. 退職所得
  7. 山林所得
  8. 譲渡所得
  9. 一時所得
  10. 雑所得

申告書の作成は全部でステップ4までになります。

まずはステップ1を読んでみてください。

所得の種類を知って総所得金額を計算しよう  申告書作成ステップ1
申告書の作成は大きく分けて4ステップになります。ステップ1:総所得金額を算出するステップ2:課税総所得金額を算出するステップ3:所得税額を算出するステップ4:納税額を算出する各ステップごとに記事をわ...

課税総所得金額の計算 ステップ2

続きまして、課税総所得金額の計算になります。

ステップ1で計算した総所得金額から所得控除額を差し引くと、課税総所得金額を算出することができます。

所得控除は14種類ありますので、ご自身に当てはまる控除をしっかりと確認してください。

申告をしていないと控除を受けることが出来なくなります。

所得控除14種類

  1. 雑損所得
  2. 医療費控除
  3. 寄付金控除
  4. 社会保険料控除
  5. 小規模企業共済掛金控除
  6. 生命保険料控除
  7. 地震保険料控除
  8. 寡婦・ひとり親控除
  9. 勤労学生控除
  10. 障害者控除
  11. 配偶者控除
  12. 配偶者特別控除
  13. 扶養控除
  14. 基礎控除

詳しい内容はこちらになります。

申告漏れはもったいない!しっておきたい所得控除14種類! 申告書作成ステップ2
所得控除は、確定申告が必須の自営業の方やフリーランスの方以外に、確定申告に馴染みのない会社員の方たちにも関係のあるものになります。今回の記事ではまず所得控除の一覧を見ていただいて、その次に1つずつ詳しく内容を見ていきます。...

所得税額の計算 ステップ3

ステップ3では所得税額の計算をしていきます。

ステップ2で計算した課税総所得金額に税率をかけてそこから控除額を差し引くと、所得税額を算出することができます。

税率は累進課税となっており、所得金額が大きい方ほど支払う税金は多くなります。

詳しい税率などはこちら。

「課税総所得」に税率をかけて「所得税額」を計算しよう 申告書作成ステップ3
ここまで申告書作成ステップ1で「総所得金額」を算出、申告書作成ステップ2で「課税総所得金額」を算出してきました。申告書作成ステップ3となる今回は、「課税総所得金額」に税率をかけて「所得税額」を算出していきます。税率は所得の...

納付(還付)税額の計算 ステップ4

最後の計算になります。

ステップ4での計算はまずステップ3で計算した所得税額から税額控除を差し引いて、基準所得税額を算出します。

税額控除は、仮の税金からダイレクトに差し引くことができるものなので、節税効果が大きくなります。

申告漏れのないようにしっかり確認しておいてください。

続いて、基準所得税額に2.1%かけて復興特別所得税額を算出します。

最後に所得税額と復興特別所得税額を足して、そこから税額控除等を差し引くと納付(還付)税額が算出できます。

税額控除

  • 配当控除
  • 投資税額控除など
  • 住宅ローン控除
  • 特定増改築等住宅借入金等特別控除
  • 政党等寄付金特別控除
  • 住宅耐震改修特別控除
  • 住宅特定改修特別税額控除
  • 認定住宅新築等特別税額控除
  • 災害減免額
  • 外国税額控除
  • 源泉徴収額
  • 予定納税額

こちらの記事で詳しく確認してください。

復興特別所得税額の計算 税額控除もお忘れなく! 申告書作成ステップ4
ここまで申告書作成ステップ1で「総所得金額」、申告書作成ステップ2で「課税総所得金額」申告書作成ステップ3で「所得税額」を算出してきました。今回のステップ4で、「納付(還付)税額」を計算すればゴールとなります。税金を納めて...

各確定申告の記入のしかた

それでは、申告書作成のステップに対応した確定申告書の書き方を説明します。

項目ごとにどのような内容をどのような順序で記入していくのかをおさえてください。

対応する記事も貼り付けておきますので、あわせて確認していただければと思います。

様式が実際の申告時のものと多少異なる可能性があることに留意ください。

申告書A 第一表

申告書Aは一般的に会社員や年金生活者の方が作成することになります。

第一表、第二表ありますので、記入漏れのないようにしましょう。

ご自身で源泉徴収票を準備するのをお忘れなく!

①~④まではステップ1の記事をご参照ください。

所得の種類を知って総所得金額を計算しよう  申告書作成ステップ1
申告書の作成は大きく分けて4ステップになります。ステップ1:総所得金額を算出するステップ2:課税総所得金額を算出するステップ3:所得税額を算出するステップ4:納税額を算出する各ステップごとに記事をわ...

⑤、⑥はステップ2をご参照ください。

申告漏れはもったいない!しっておきたい所得控除14種類! 申告書作成ステップ2
所得控除は、確定申告が必須の自営業の方やフリーランスの方以外に、確定申告に馴染みのない会社員の方たちにも関係のあるものになります。今回の記事ではまず所得控除の一覧を見ていただいて、その次に1つずつ詳しく内容を見ていきます。...

⑦はステップ3の記事をご参照ください。

「課税総所得」に税率をかけて「所得税額」を計算しよう 申告書作成ステップ3
ここまで申告書作成ステップ1で「総所得金額」を算出、申告書作成ステップ2で「課税総所得金額」を算出してきました。申告書作成ステップ3となる今回は、「課税総所得金額」に税率をかけて「所得税額」を算出していきます。税率は所得の...

⑧~⑬はステップ4をご参照ください。

復興特別所得税額の計算 税額控除もお忘れなく! 申告書作成ステップ4
ここまで申告書作成ステップ1で「総所得金額」、申告書作成ステップ2で「課税総所得金額」申告書作成ステップ3で「所得税額」を算出してきました。今回のステップ4で、「納付(還付)税額」を計算すればゴールとなります。税金を納めて...

申告書A 第二表

第一表の記入が完了したら、次は第二表を記入していきます。

①~④はステップ1をご参照ください。

所得の種類を知って総所得金額を計算しよう  申告書作成ステップ1
申告書の作成は大きく分けて4ステップになります。ステップ1:総所得金額を算出するステップ2:課税総所得金額を算出するステップ3:所得税額を算出するステップ4:納税額を算出する各ステップごとに記事をわ...

寄付先が複数ある場合は、代表する1つの寄付先の住所、名称と寄付金額を記入すればOKです。

※ふるさと納税をした方は、後ほど出てくる「住民税に関する事項」にも記入しなくてはならない欄がありますので、お気を付けください。

⑤~⑧はステップ2をご参照ください。

申告漏れはもったいない!しっておきたい所得控除14種類! 申告書作成ステップ2
所得控除は、確定申告が必須の自営業の方やフリーランスの方以外に、確定申告に馴染みのない会社員の方たちにも関係のあるものになります。今回の記事ではまず所得控除の一覧を見ていただいて、その次に1つずつ詳しく内容を見ていきます。...

ふるさと納税をした方は「都道府県、市区町村への寄付(特例控除対象)」の欄に寄付金の合計額を記入してください。

会社に副業がばれたくない場合は、必ず自分で納付にチェックをいれてください。

源泉徴収票

源泉徴収票から第一表、第二表に転記する内容がありますので、ご自身で用意しておいてください。

Ⓐ支払金額=収入金額

第一表㋐の欄、第二表「所得の内訳」収入金額の欄に転記してください。

Ⓑ給与所得控除後の金額=所得金額

第一表①の欄に転記してください。

Ⓒ所得控除額の合計額

Ⓓ源泉徴収税額

第二表「所得の内訳」源泉徴収税額の欄に転記してください。

申告書B 第一表

申告書Bはすべてのケースに対応する様式となっています。

主に個人事業主、フリーランス、アパートのオーナーなどが使います。

申告書Aの条件に該当しない方は必然的に申告書Bを使うことになります。

㋐~㋘欄には、収入金額を記入します。

㋙、㋚、㋛欄には、所得金額を記入します。

①~⑤まではステップ1の記事をご参照ください。

所得の種類を知って総所得金額を計算しよう  申告書作成ステップ1
申告書の作成は大きく分けて4ステップになります。ステップ1:総所得金額を算出するステップ2:課税総所得金額を算出するステップ3:所得税額を算出するステップ4:納税額を算出する各ステップごとに記事をわ...

⑥、⑦はステップ2の記事をご参照ください。

申告漏れはもったいない!しっておきたい所得控除14種類! 申告書作成ステップ2
所得控除は、確定申告が必須の自営業の方やフリーランスの方以外に、確定申告に馴染みのない会社員の方たちにも関係のあるものになります。今回の記事ではまず所得控除の一覧を見ていただいて、その次に1つずつ詳しく内容を見ていきます。...

⑧はステップ3の記事をご参照ください。

「課税総所得」に税率をかけて「所得税額」を計算しよう 申告書作成ステップ3
ここまで申告書作成ステップ1で「総所得金額」を算出、申告書作成ステップ2で「課税総所得金額」を算出してきました。申告書作成ステップ3となる今回は、「課税総所得金額」に税率をかけて「所得税額」を算出していきます。税率は所得の...

⑨~⑭はステップ4の記事をご参照ください。

復興特別所得税額の計算 税額控除もお忘れなく! 申告書作成ステップ4
ここまで申告書作成ステップ1で「総所得金額」、申告書作成ステップ2で「課税総所得金額」申告書作成ステップ3で「所得税額」を算出してきました。今回のステップ4で、「納付(還付)税額」を計算すればゴールとなります。税金を納めて...

申告書B 第二表

第一表の記入が終わったら次は第二表の記入をします。

屋号が無い場合は記入しなくていいです。

ここにすべてを書ききれない場合は、「所得の内訳書」という用紙を必要なだけもらって、必要事項を記入してください。

①~④はステップ1をご参照ください。

所得の種類を知って総所得金額を計算しよう  申告書作成ステップ1
申告書の作成は大きく分けて4ステップになります。ステップ1:総所得金額を算出するステップ2:課税総所得金額を算出するステップ3:所得税額を算出するステップ4:納税額を算出する各ステップごとに記事をわ...

寄付先が複数ある場合は、代表する1つの寄付先の住所、名称と寄付金額を記入すればOKです。

※ふるさと納税をした方は、後ほど出てくる「住民税に関する事項」にも記入しなくてはならない欄がありますので、お気を付けください。

⑥~⑨はステップ2をご参照ください。

申告漏れはもったいない!しっておきたい所得控除14種類! 申告書作成ステップ2
所得控除は、確定申告が必須の自営業の方やフリーランスの方以外に、確定申告に馴染みのない会社員の方たちにも関係のあるものになります。今回の記事ではまず所得控除の一覧を見ていただいて、その次に1つずつ詳しく内容を見ていきます。...

事業専従者とは、かんたんに言うと家族従業員のことです。

1人で働いている個人事業主には関係のない項目なので、記入の必要はありません。

ふるさと納税をした方は「都道府県、市区町村への寄付(特例控除対象)」の欄に寄付金の合計額を記入してください。

会社員の方で、副業がばれたくない場合は、かならず自分で納付にチェックをいれてください。

源泉徴収票

源泉徴収票から第一表、第二表に転記する内容がありますので、ご自身で用意しておいてください。

Ⓐ支払金額=収入金額

第一表㋐の欄、第二表「所得の内訳」収入金額の欄に転記してください。

Ⓑ給与所得控除後の金額=所得金額

第一表①の欄に転記してください。

Ⓒ所得控除額の合計額

Ⓓ源泉徴収税額

第二表「所得の内訳」源泉徴収税額の欄に転記してください。

分離課税用 第三表

分離課税される所得がある方は、申告書Bに加えて分離課税用第三表にも記入します。

分離課税については、ステップ1とステップ3の記事をご参照ください。

所得の種類を知って総所得金額を計算しよう  申告書作成ステップ1
申告書の作成は大きく分けて4ステップになります。ステップ1:総所得金額を算出するステップ2:課税総所得金額を算出するステップ3:所得税額を算出するステップ4:納税額を算出する各ステップごとに記事をわ...
「課税総所得」に税率をかけて「所得税額」を計算しよう 申告書作成ステップ3
ここまで申告書作成ステップ1で「総所得金額」を算出、申告書作成ステップ2で「課税総所得金額」を算出してきました。申告書作成ステップ3となる今回は、「課税総所得金額」に税率をかけて「所得税額」を算出していきます。税率は所得の...

確定申告をより簡単にする方法

ここまで初心者の方でも確定申告を作れるように説明してきましたが、やっぱり複雑で自分でできるか不安な方もおられるかと思います。

そんな方にオススメしたいのが「クラウド会計ソフト」です。

クラウド会計ソフトを使えば、日々の帳簿付けも簡単にできますし、確定申告書の作成も質問形式に答えていくだけで完成させることができます。

必要な書類の発行もできますので、使わない手はないですね。

クラウド会計ソフトを使えば、帳簿から確定申告書の提出までを簿記や会計の知識のない方でもご自身で行っていくことができるわけです。

たくさんの会計ソフトの中からどれを選べばいいのかわからない方は、以下のどちらかを選んでいただければ間違いありません!

こちらの2つは無料でお試しもできますので、使用感を確認してから本格的に使っていただければと思います。

無料期間が終わっても勝手に有料プランに切り替わったりはしませんのでご安心ください。

興味を持たれた方は以下の記事もご覧ください。

確定申告をするために必須の帳簿とは?帳簿から確定申告までサポートしてくれる会計ソフトについて 確定申告帳簿編
ついに独立して、個人事業主として頑張るぞと意気込んでいる方や、これから会社をやめて独立しようと考えている方に見ていただきたい。事業を成功させていくことは非常に重要ですが、帳簿処理については検討されていますでしょうか?帳簿は...

まとめ

今回は今まで個別でまとめていた確定申告書の作成についてを1つの記事にまとめました。

この記事をご覧になりながら1つずつ記入欄を埋めていけば、確定申告書の作成ができるようになっております。

確定申告をより簡単に終わらせるための「クラウド会計ソフト」も紹介させていただきましたので、自分で記入するのは面倒だなと感じる方はご検討いただければと思います。

どうしても不安が残る方は、税務署や税理士などのプロに相談してみましょう。

確定申告には期限がありますので、焦ることのないように余裕を持って準備しておいてください。

スポンサーリンク
雑記
sogashiをフォローする
曽我氏のブログ
タイトルとURLをコピーしました